【APEX】ストライクパックとは?BAN対象なの?単発打ちが超スピードに?【解説】

youtube

※この記事はストライクパックの使用を推奨するものではありません。

 

こんにちは、pyorumons(@pyorulog)です。 

最近APEXで話題の「ストライクパック」という外部アタッチメントをご存知でしょうか。

下に掲載している動画を見てもらうとわかりやすいですが、ストライクパックという外部アタッチメントをPADコントローラーに取り付けると、単発打ちを正確無比に行うことができます。

  

この記事では、なぜそんなことが可能なのか?ストライクパックはどんな機能を持っているのか?BANされたりするのか?について解説しています。

スポンサーリンク

ストライクパックとは?

ストライクパック概要

ストライクパックとは、PS4コントローラー(DUALSHOCK4)に接続する外部アタッチメント、背面パドルのことです。

  

画像の用に、背面に取り付けて使用します。

ストライクパックを使用して出来ること

PS4コントローラーに取り付けることで、追加された2つのパドルに様々なマクロ操作を割り当てることができます。

通常の背面パドルでは複雑な操作の割当てはできないですが、ストライクパックは複数の操作を登録でき、ボタンを押すだけで正確な操作が可能になります。

他にも、

・連射機能

自動スプリント機能

・アンチリコイル機能

・クイックADS機能

などが可能になります。

 

APEXでは、R301やフラットラインの単発打ちに発射レートの制限がないため、フルオートよりも早く連射をすることが出来てしまいます。

また、スピード加速グリッチもストライクパックを使用して行われているようです。

ストライクパックはBAN対象?規約違反?

2020年12月13日にEA及びRespawnがコンバーターについての公式見解を出し、その中でストライクパックについても触れられていました。

RespawnおよびEAのスタンスとしては、『Apex Legends』のコンシューマー機でのマウス&キーボ(以下MnK)の使用は原則上一切禁止です。これはストライク・パックなどの、ソニーやマイクロソフト非公認のコントローラーやアタッチメントも同様です。

しかし現実的には、コンシューマー機自体にMnKの使用を判別する機能が備わっていないため、該当するユーザーすべてをアカウント停止処置にすることは難しい状況です。

また、身体的な障害を抱えているユーザーが特殊仕様のコントローラーを必要とするケースもあるため(参考記事)、一概に非公認品を使用したすべてのアカウントを停止処置とするわけにも行きません。

よって、現状では公式大会など、プレイヤーの環境を把握できる状態では例外なく使用を禁止としています。

それ以外のケース、例えば使用者が非公認品コントローラーやアタッチメントの使用を(SNSなどで)自慢していたり、配信を行っているなどがあれば、通常の通報手段を通してご報告ください。

EA 環太平洋エンゲージメント担当者

https://fpsjp.net/archives/377618/comment-page-2

こちらを見るに、ストライクパックを使用することはコンバーター同様規約違反に当たるようです。

 

ですが、ストライクパックなどのハードウェアチートに関しては検知する機能が現状存在せず、該当ユーザーをすべてBANすることは難しいようです。

 

ちなみに、ALGS(APEXの大型大会)ではストライクパックの使用が禁止されています。

 

BANされることは少なそうに思えますが、規約違反であることに変わりはないため、購入するのであればSONYの純正背面パドルをおすすめします。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

(2021/9/6追記)

コンバーターが明確にBAN対象となり、BANも行われました!

まとめ

この記事では、ストライクパックはどんな機能を持っているのか?BANされたりするのか?について解説しました。

もう一度要点をまとめると、

ストライクパックを使用すると単発射撃を超スピードで行ったり、アンチリコイルが可能になる

・ストライクパックは規約違反だが、検知が出来ないのでBANが難しい

ということになり、背面パドルを購入したいのであればSONY純正のものがおすすめということです。

  

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました