【実機レビュー】APEXでJBL QUANTUM50使ってみた!足音は聞こえやすい?

ゲーム・PC

こんにちは、絶賛APEXをプレイ中のpyorumons(@pyorulog)です。

     

今回はJBLから発売している「JBL QUANTUM50」の実機レビューとなります。

Twitterで「APEXにおすすめのイヤホンはないか」と質問してみたところ、複数の方から「JBL QUANTUM50」の名前が挙がった期待のイヤホンです。

      

本製品はゲーミングイヤホンの位置づけであるため、実際にゲーム中に使用してみて足音やその他の音について紹介していきます。

価格も3000円を切っており、コスパ重視の方におすすめしたいゲーミングイヤホンです。

まずはスペック確認からいってみましょう!

スポンサーリンク

JBL QUANTUM50 スペック情報

カラーバリエーションブラック/ホワイト
重さ21.5g(軽量で長時間使用時も負担が少ない!)
ドライバー8.6㎜ダイナミックドライバー
インピーダンス(Ω)16
感度(db)97
再生周波数帯域20Hz〜20KHz
マイク周波数帯域100Hz~10 kHz
最大許容入力5mW
接続端子3.5㎜
付属品イヤーピース(3サイズ)・説明書類

JBL QUANTUM50 デザイン・コントローラーユニットについて

外観はオレンジと紫を使用したデザイン。

今回はホワイトを購入しました。

内容物は以下のようになっています。

・「JBL QUANTUM50」本体

・イヤーピース3種(S/M/L)

・説明書

・その他書類

   

本体外観はこんな感じ。

ハウジング部分にはJBLのロゴが。

白と紫ってオシャレな色合いですよね。

大きさは1円玉よりわずかに小さいかな?というくらいです。

耳に当たる部分にはシリコンを採用しています。

柔らかい素材なので、長時間使用時も耳が痛くなりにくかったです。

シリコンは着脱可能。

ケーブルは布製。

プラグとコントローラーユニットはこんな感じ。

プラグは少し折れ曲がった形状をしています。

折れ曲がった形状の利点としては、力がかかったときにまっすぐのタイプより外れることが少ないです。

ユニットには全部で3つのボタン/バーがついています。

画像1枚目にあるのが「ミュート切り替え」「音量調整バー」。

2枚目がマルチファンクションボタンです。

音楽やゲームプレイ中の通話などに行う操作がだいたいこのユニットだけで完結するのが嬉しいですね。

マルチファンクションボタンは押す回数で機能が変わります。

押す回数通話音楽
1回応答/終了再生/一時停止
2回通話切り替え曲送り
3回通話拒否曲戻し

また、私がとてもいいなと感じた機能がこちらの溝です。

使わない片方のイヤホンケーブルを挟むことができます。

今まで使っていたイヤホンですと、片耳使用時に外した方のケーブルを持て余し、どこかに引っかかったりしてストレスになることがありました。

ですがこの機能があればそんな煩わしさとはおさらばです。

マイクはイヤホン左側に設置されています。

JBL QUANTUM50 実際に使用した感想

1週間ほど実際にAPEXや通話をした感想です。

JBL QUANTUM50 良かった点

音が聞きやすく位置がはっきりわかる

今までその辺に落ちていたイヤホンや、2~3000円でコンビニで適当に購入したイヤホンを使用していた私ですが、JBL QUANTUM50に変えてから明らかに音源の位置がわかりやすくなりました。

足音も銃声も回復音も、明らかに聞こえ方のレベルが上ったと感じます。

APEX用に購入したため、「足音がはっきり聞こえ、方角がしっかりわかる」というのは大事ですね。

音域としては、低~中音域といった感じです。

この価格帯の中では明らかに聞こえ方が良かったです。

長時間使用でも疲労感が少ない

シリコンのおかげで連続使用時も従来より痛さ、疲労感が少なかったです。

ウレタンのイヤーピースをつけて使用すればフィット感も更に良くなりました。

マイクの位置が神

マイクの位置がコントローラーユニット側ではなく耳側よりについているため、布スレ音が少ないです。

付属のマイクを使用してプレイする方にはありがたいと思います。

JBL QUANTUM50 良くなかった点

ケーブルの擦れる音

ケーブルが布製であるため、多少擦れる音が気になりました。

見た目のゴツさ

以前まで使用していたイヤホンと比べると、耳に装着したときに周りから見える部分が大きいことが気になりました。

良くも悪くも「ゲーミング感」があります。

マイクの音質

良くなかった、悪かったとまでは行きませんが、マイクの音質は値段相応でした。

通話時に気になるほどでは有りませんが、配信をするのであれば別にマイクを購入したほうがいいと思います。

コスパの良いマイクはこちらの記事で紹介したソニーPCV80U ECM-PCV80Uがおすすめです。

まとめ

今回は「JBL QUANTUM50」を実際に使用してレビューしてみました。

結論としては、3000円前後の価格帯のゲーミングイヤホンとしては「最高」だと断言できます。

多くの方がおすすめしてくださった理由もわかった気がします(笑)。

コスパの良い安価なゲーミングイヤホンを探している方にはピッタリの機種だと言えるでしょう!

   

女性にもおすすめのホワイトカラーはアマゾン限定の取り扱いですのでご注意を。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました