【呪術廻戦151話ネタバレ】直哉VS真希、決着!!!!!

漫画
スポンサーリンク

【呪術廻戦151話ネタバレ】直哉VS真希、決着!!!!!

6/7発売週刊少年ジャンプ、芥見下々 呪術廻戦151話【葦を啣む-肆-】のネタバレ記事です。

スポンサーリンク

呪術廻戦151話【葦を啣む-肆-】

(禪院直哉回想)

自分を天才と信じ、禪院家にいる呪力のない落ちこぼれがどんな惨めな顔をしているのか見に行ったかつて。そこで目にした禪院甚爾の目…。

(回想終わり)

直哉と真希の戦闘が続く。

「お前は甚爾くんやない!」と真希に攻撃を仕掛け続ける。

戦闘中、真希は延々と数字を数えている。

直哉の投射呪法は、術式を重ねれば重ねるだけ速度はあがっていく。力は重さと速さ。

直哉の速度は亜音速にまで達する。

「(まずいな)」と真希。

先の連戦により負った傷や怪我からして、長期戦は不利と判断した真希は「不知火型」の構えを取り真っ向勝負を仕掛ける。

だが直哉は正面からはぶつからず、真希に少し触れて通り過ぎる。

投射呪法発動中、掌に触れたモノも1/24秒で動きを作らねばならず、失敗すれば1秒フリーズする。

「みえみえの誘いに乗るかい!やっぱオマエは偽モンや!」

真希のフリーズを確信した直哉は、以前変わりないトップスピードで真希に迫る。

   

  

だが真希はフリーズしていない。

「24回だろ 直毘人(ジジイ)もオマエも速いだけじゃねえ違和感があった

1秒に24回動きを刻んでた この体になってようやく見えたよ」

真希は投射呪法のカラクリを見破り、1/24秒で動きを作りフリーズを免れていた。

「このッ 偽も”っ」

真希の打撃が直哉の顔面をぶち抜いた。

紛れもない勝利の一撃であった。

呪術廻戦151話【葦を啣む-肆-】おわり

まとめ

真希のとった不知火型とは、力士の構え方のことです。

腰を割って両腕を外側前方に流す形を取り、そこからせり上がる土俵入り。

雲龍の型から取ったといわれる太刀山を源流とする土俵入り、若しくは太刀山の型そのもの。

http://tsubotaa.la.coocan.jp/yokoki/yokoki25.html

圧倒的な身体能力で直哉に勝利した真希。

直哉は「オマエは甚爾くんやない!」と言っていますが、実際真希の力はどこまで禪院甚爾に追いついているんでしょうかね。

漫画を無料で読むならU-NEXT無料体験

【U-NEXTとは?】

定額制動画配信ストリーミングサービス

動画・雑誌・漫画など見放題・読み放題のコンテンツが豊富なのが特徴

31日間の無料体験期間中は動画・雑誌・漫画など見放題・読み放題!

↓無料体験はこちらから↓

  

【U-NEXTのポイント】

31日間の無料体験

いつでもすぐにキャンセルでき、31日以内の解約なら料金発生なし

有料コンテンツに使用できるポイントが600円分貰える!最新作も見れちゃいます

登録は簡単3ステップで完了氏名・メルアド・支払い方法の登録だけ

21万本以上の動画・61万冊以上の書籍

↓無料体験はこちらから↓

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました