【呪術廻戦144話ネタバレ】釘崎野薔薇死亡!?天元に会う

漫画
スポンサーリンク

呪術廻戦144話のネタバレ記事です。

スポンサーリンク

呪術廻戦144話 あの場所

死滅回游から津美紀を助けるために伏黒は虎杖に協力を仰ぐ。

宿儺が伏黒で何かを企んでいると睨む虎杖は、乙骨先輩に「もし次俺が宿儺と代わったら迷わず殺してくれ」と頼み、伏黒に協力することにする。

これからやるべきことは高専に戻り天元様と接触することだ。

・獄門彊の封印の解き方

・加茂憲倫の具体的な目的と今後の出方

死滅回游という未曾有の呪術テロを収めるにはこの2つの回答がマストだが、この問いに答えられるのは天元様しかいないからだ。

だが天元に接触するには隠す結界を突破しなければならない。

前から気になっていたのか突然、釘崎はどうなったか伏黒に尋ねる虎杖。

しかし伏黒はこの表情。

そこに脹相が現れ、隠す結界をなんとか出来るかもしれないと言う。

以前受胎九相図である自分たちが高専から盗まれた時と同じことをするというのだ。

   

   

  

場面は変わり一行は九十九と真希先輩のもとへ。

そこで脹相は残りの自分の弟たちの気配をたどればいいことを説明する。

それはいいとして、真希は脹相のことを知らないため、「こいつは誰だ」と尋ねる。

「とりあえず俺の、、、兄貴ってことで、、、」と虎杖。

「悠仁ーーーーーー!!!!!」

脹相が吠える。周りはスルー。

   

   

一行は九相図の気配をたどり、本殿へと向かう。

だが本殿には真っ白な空間が広がるだけ。

虎杖「何もねぇ」

伏黒「コレが本殿?」

九十九「いや、私達を拒絶しているのさ」

九十九「(拒絶されているのは私達ではなく 私か、、、、、?)」

  

   

戻ろうとする一行の前に突如天元が現れた。次号休載。

感想

釘崎野薔薇は死亡したんでしょうか…。伏黒のこの表情からするとそういうようにも受け取れますが…。

呪術師に悔いのない死はない、の原則に従うと釘崎野薔薇は死亡していないようにも思えますがどうなんでしょう。

脹相、やっと悠仁にお兄ちゃんて読んでもらえて良かったね…!!!(感涙)

そして遂に天元が現れましたね、こんな見た目なんだ…。なんか優しそうな気がします。

九十九の「拒絶されているのは私か?」も気になるところです。

漫画を無料で読むならU-NEXT無料体験

【U-NEXTとは?】

定額制動画配信ストリーミングサービス

動画・雑誌・漫画など見放題・読み放題のコンテンツが豊富なのが特徴

31日間の無料体験期間中は動画・雑誌・漫画など見放題・読み放題!

↓無料体験はこちらから↓

  

【U-NEXTのポイント】

31日間の無料体験

いつでもすぐにキャンセルでき、31日以内の解約なら料金発生なし

有料コンテンツに使用できるポイントが600円分貰える!最新作も見れちゃいます

登録は簡単3ステップで完了氏名・メルアド・支払い方法の登録だけ

21万本以上の動画・61万冊以上の書籍

↓無料体験はこちらから↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました