【呪術廻戦140話ネタバレ】乙骨憂太vs虎杖悠仁!

漫画

2021年3月1日発売週刊少年ジャンプ13号に掲載の呪術廻戦140話 執行 のネタバレ&感想記事です。

140話 執行

禪院直哉、虎杖悠仁、脹相の元に現れた乙骨憂太。

跳躍した憂太が3人の前に降り立つと、衝撃でビリビリビリと空気が唸る。

禪院直哉「ちょい待って 味方やで 君乙骨くんやろ」

乙骨憂太「アナタは?」

続いて自己紹介をし、自分たちは利害の一致する関係であることを伝える。

その間脹相はというと、敵2人を分析し、どう立ち回れば悠仁と人間を戦わせず、かつ脹相自信に引け目を感じさせない提案ができるか思考する。

禪院直哉「虎杖君を殺してもそのことを上にしばらく黙っててくれへん? 彼を餌に会いたい人がおんねん」

乙骨憂太「いいですよ じゃあそっちは任せます」

瞬間、禪院直哉は脹相、乙骨憂太は虎杖悠仁に攻撃を仕掛ける。

抜身の刀を持った状態ですら50mを3秒で駆けるとされる虎杖悠仁に追いつく乙骨憂太に驚く虎杖悠仁。

一方、禪院直哉は脹相が赤血操術を使うこと、「穿血」以外は怖くないこと、そして「穿血」にはタメがいることを見破っている。

禪院直哉「詰みや 死ぬで君」

そういった禪院直哉に脹相は一言

「オマエこそ 俺の弟に手を出して生きて帰れると思ってるのか?」

場面は代わり、虎杖悠仁vs乙骨憂太。

倒れた車を匠に使い攻撃を凌ぐ虎杖悠仁に、乙骨憂太は禪院真希を思う。

虎杖悠仁は車を乙骨憂太にぶつけ視界を遮ったスキに屋内に逃げ込もうとするが、先程ぶつけた車を眼前に飛ばし返され室内に入ることは叶わなかった。

乙骨憂太「驚いた?パワータイプに見えないもんね。」

パワーの無さを補う圧倒的な呪力量に驚く虎杖悠仁。呪力をパワーで後押しする自分とは真逆である。

それに加え、乙骨憂太の動きが全く予想できない。

以前東堂葵に「一流の術師ほど呪力の流れが読みづらいものだ」と言われたが、乙骨憂太の場合、その話の意味するところである「一流のほど呪力操作の制度が高いから直前まで攻撃が予測できない」というのとはワケが違う。

刀を含め全身から常に呪力が立ち昇ってる!!!

動きを読む読まない以前の問題。すべての攻撃が決定打になり得るし、全てのダメージを最小限に抑えられる。

圧倒的な存在を前にした虎杖悠仁。だが彼はここで死ぬわけには行かない。

「後は頼みます」

その呪いがある限り…。

   

   

140話/おわり

140話 感想

遂に憂太と悠仁の戦いが始まりました。

憂太、本気で悠仁を殺すつもりはないんじゃないかって思ってたりもしたんですけど、140話を見る限りガチで殺しに来てるのかな…。

でも殺すつもりなら最初からリカちゃん使っちゃえば瞬殺だと思うんですよね。

でもでも顔は終始狂気に満ち溢れてるし…!!!!

0巻では、「まだまだ術師として未熟だけど才能と伸びしろはある」みたいな感じだったんですけど、今となってはもう未熟さは感じさせず、五条先生に勝るとも劣らないオーラがあります。

菅原道真の血を引いてるだけのことはありますね。

万が一悠仁が負けて殺されそうになったら宿儺が出てくるんでしょうか、呪いの王と呪いの女王リカちゃんの大怪獣バトルが始まるんでしょうか。

  

   

話は変わって脹相なんですけど、死にませんよね脹相;;

なんか良くて相打ち、最悪祓われちゃう気がして辛い…。

140話 みんなの感想

Twitterより、140話の感想ツイートを引用しています。

漫画を無料で読むならU-NEXT無料体験

【U-NEXTとは?】

定額制動画配信ストリーミングサービス

動画・雑誌・漫画など見放題・読み放題のコンテンツが豊富なのが特徴

31日間の無料体験期間中は動画・雑誌・漫画など見放題・読み放題!

↓無料体験はこちらから↓

  

【U-NEXTのポイント】

31日間の無料体験

いつでもすぐにキャンセルでき、31日以内の解約なら料金発生なし

有料コンテンツに使用できるポイントが600円分貰える!最新作も見れちゃいます

登録は簡単3ステップで完了氏名・メルアド・支払い方法の登録だけ

21万本以上の動画・61万冊以上の書籍

↓無料体験はこちらから↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました